メグリー最大のウリ「人工知能(AI)マッチングの性能は凄いの?

サクラ事情に次に気になるのは、やっぱり、キャッチコピーにもなってる「人工知能(AI)」の性能のこと。

いかにも自分にピッタリの女性を選び出してくれそうだが、筆者の下心も見え見えなのか?(苦笑)もしかしたら、メグリーの人工知能が選び出してくれる女性は、みんなエッチなのかもしれない…。

メグリーの人工知能、不安と期待でいっぱいだ(;´∀`)

メグリーの公式説明文に、こう書いてある。

【AI-人工知能-によるマッチング機能】
AI-人工知能-機能「AIオススメ」で、相性の良いお相手を毎日無料でオススメします。
プロフィールを充実させたり、毎日AIオススメを利用すれば、さらに相性の良いお相手がオススメされるようになります。

いやいやちょっと待て!利用していくうちに、好みの女性の傾向を分析して、おすすめの女性を毎日お知らせしてくれるマッチングアシスト機能なんて、正直、どの出会い系アプリにも標準装備されているけど?

人工知能(AI) という流行りワードを使いたかっただけ説

近頃、色んな方面から人工知能(AI)というフレーズを聞くようになった。これからの時代、あらゆるモノがインターネットと繋がり、人工知能(AI) を搭載したスーパーコンピューターが社会インフラに組み込まれ、SF映画のようなテクノロジー社会になっていく。

あのソフトバンクの孫さんが、シンギュラリティ(技術的特異点)という言葉を使って、近い将来、18世紀の産業革命を凌駕する、テクノロジーの産業革命が起こると言っていた。ちょっと脱線したけど、いま「ビックデータ・IoT・人工知能(AI )」といったキーワードは、世界経済において、流行語みたいな存在になっている。

で、「人工知能-AI-で運命の出会いを。」というキャッチフレーズ、とても耳ざわり良いんだけど、どう考えても、いま流行りのビックキーワードを使いたかっただけじゃね?と思うわけだ。だって、メグリーを利用して、特別、人工知能スゲーと思った点は何一つなかったからだ。

メグリーの人工知能-AIは、口先だけの機能なのか?

気になって、メグリーの人工知能について調べていたら、気になる記事を見つけた。

記事の内容を要約すると、「株式会社ABEJA」という、人工知能分野 (特に、ディープラーニング)の最先端をいくベンチャー企業の人工知能技術を、ゲオグループが導入しているという内容。

ABEJAの代表者の岡田陽介氏は、Google・アップル・Facebook・インテル・Twitterなど、世界を代表するIT起業が集まるシリコンバレーに滞在経験のある優秀な技術者で、文部科学大臣賞を受賞するほどの逸材とのこと。(まだ29歳だと?経歴が眩しすぎて直視できない・・・)

ABEJAの人工知能システムがグリーに活かされてるのかは謎だが、ゲオグループは人工知能に積極的に投資している起業であることは間違いない。あながち、口先だけとは言い切れないのでは?と思った。

メグリーの人工知能-AIは、可能性に満ち溢れている?

まだリリースしたばかりのアプリだし、今後、人工知能の性能もアップグレードしていくはず。もしかしたら、メグリーは凄いアプリになる可能性は秘めている。

異性を見る目がない人は、人工知能に委ねてみると案外直ぐにピッタリの人が見つかるかもしれない。たぶん、親戚のおばちゃんが持ってくる見合い話より、良い相手を見つけることが出来るはずだ。

メグリーの口コミ・評価・評判をチェックする

公開日:
最終更新日:2018/05/24